Japan’s TOP3 Power Spot


【Mt.FUJI】

Fuji-sanMount Fuji (富士山, Fujisan) is with 3776 meters Japan’s highest mountain. It is not surprising that the nearly perfectly shaped volcano has been worshiped as a sacred mountain and experienced big popularity among artists and common people throughout the centuries.

Mount Fuji is an active volcano, which most recently erupted in 1708. It stands on the border between Yamanashi andShizuoka Prefectures and can be seen from Tokyo andYokohama on clear days.

Another easy way to view Mount Fuji is from the train on a trip between Tokyo and Osaka. If you take the shinkansenfrom Tokyo in direction of Nagoya, Kyoto and Osaka, the best view of the mountain can be enjoyed from around Shin-Fuji Station on the right hand side of the train, about 40-45 minutes into the journey.

Note however, that clouds and poor visibility often block the view of Mount Fuji, and you have to consider yourself lucky if you get a clear view of the mountain. Visibility tends to be better during the colder seasons of the year than in summer, and in the early morning and late evening hours than during the middle of the day.

If you want to enjoy Mount Fuji at a more leisurely pace and from a nice natural surrounding, you should head to the Fuji Five Lake(Fujigoko) region at the northern foot of the mountain, or toHakone, a nearby hot spring resort. Mount Fuji is officially open forclimbing during July and August via several routes.

【穴場情報:Great Place】

I am sure you are all familiar with the beautiful and iconic view of Mount Fuji alongside a pagoda; ⇒ Read More Japan info

 

【Sanctuary Cape】

sanctuary cape

世界が注目する、日本三大聖域・石川県能登珠洲岬・空中展望台整備速報2 japan sanctuay cape

この場所こそが、長らく誰も辿り行くことすら出来なかった、日本三大聖域とも称される、強力なパワースポット、能登半島最先端です、本日はこれまで刀禰家にしか知らされていなかった秘密の一部を少しご紹介します。

実は1970年頃までこの場所に、刀禰家(とね)専用の、望む気が備わるとも言われる、小さな瞑想の祠、望気楼(ぼうきろう)が建っていました。

望気楼の事については詳しいことは定かではありませんが、天正年間(1650年頃)廻船問屋をしていた当主の刀禰四郎右衛門がこよなく利用し、難題事があるごとにこの祠に入り、「天の気」を吸収していたと伝えられる、

更に祖父が言うには、
時にはお聖人(しょうにん)様の如くに光輝き、
時には金剛力士の様に力強く地響きを起こし、
時には無気配で透明人間の如く消えたり、
四郎右衛門はこの場所に来ることで七人の人間に成り得たと伝えられている。

この聖域の珠洲岬は日本でも有数の、地球規模のサイクルで岬に集まる大地の気流と、南からの海流(暖流)、北からの海流(寒流)が波状的に集結する、日本でもまれな、ウルトラパワースポットである。

更に高度なパワーを充電するは、これら大地のパワー集結の岬に立ち、朝日や月の出など天体パワーをも全身に受けると、より強い「大自然の気」を浴びることがきできるかも知れません、またこの自然の力を自分に取り入れる手法は、古代エジプトやローマの時代から代々行って来たことで、その効力は我々人類が証明しているとも言える。

昨今、日本にも「気」に対する関心が高まりつつ有りますが、4000年の歴史を持つ中国では、ごく一般的にこの気を自分自身の手足のように操り、様々な用途に応じ利活用を行っていることは、皆様もご承知の通りです。

また、「気」の付く漢字や言葉は日本語の中にも定着し、私達は日常普通に使っていますが、その言葉の意味の偉大さと真実性の意義に、日本人がやっと気づき始めたのかも知れません。⇒ Read More

 

【Bungui Pass】

bungui pass分杭峠は、長野県伊那市にある、南アルプスの西側を走る伊那山脈の峠の一つで、標高1424mの地点にあります。
この分杭峠の周辺が「ゼロ磁場」という特異な空間であり、世界でも有数といわれる強力なパワースポットが発見されたのです。

平成7年に、元極学という中国政府が公認する気の研究団体の創始者で、著名な気功師の張志祥氏を日本の研究団体が招いて調査したとき、張氏が発見したのが、この「分杭峠」です。
張氏は、中国で奇跡を起こす場所として有名な湖北省の「蓮花山」を発見していますが、氏は調査で訪れたこの分杭峠が、蓮花山にまさるとも劣らない良好な「気」が出ている場所だと明言したのです。

パワースポット「分杭峠」は、日本最古で最大、最長の巨大断層地帯「中央構造線」の真上にあります。
この中央構造線は、九州中央部から四国北部、紀伊半島を通り、愛知県東部から北上して、諏訪湖付近でもう一つの巨大断層のフォッサマグナに分断され、さらに関東地方に続く、陸上部分だけで全長1000kmにも及ぶ大断層ですが、両側の地質の全く異なる地層がぶつかり合っていて、言わば「地球のエネルギーが凝縮されている所」です。

この巨大断層が、分杭峠に「ゼロ磁場」という特異な空間を形成し、そこに「気」を発生する「気場」ができていると考えられています。

また、不思議なことに、中央構造線上には諏訪大社、伊勢神宮、石鎚山、阿蘇山など重要な聖地やパワースポットが多く、国譲り神話に関わる神々もこの線上に祀られているとのことです。

こうした中央構造線との関係については、地球観測衛星ランドサットからの画像をご覧いただくと、よくわかります。⇒ Read More