WU-CAI style Vase(Meiping)/五彩龍鳳文梅瓶


WU-CAI style Vase(Meiping)日本でも萬暦赤絵と称して人気の高い、艶や かな赤色の彩料のベンガラは、擦れば擦るほど 鮮やかな良い赤色になると言われ、これだけの 作品になれば、最上級の彩料を惜しみなく使わ れている。粗製乱造の萬暦五彩と言われる中 で、これだけの秀作を見れば通説は嘘であると 断言出来る。 爛熟期を過ぎた景徳鎮の中で、 伝統に根づいた技術を保持し続け、誉れ高い 官窯の本流を実証した証拠の作品である。 龍と鳳凰を組み合わせた文様の磁器は、皇 帝貴族の婚姻の席に用いられたと言うから、本 品は祭事用の特別品かも知れない。 張りのある肩には「大明萬暦年製」と丁寧な楷 書で青花款がある。