White Porcelain Vase/白釉刻花蓮花文盤口瓶


White Porcelain Vaseこの白磁の美しさは、胎土の白さと釉調と 造形のバランスにあり、流れる様な刻花蓮 花文も更に品性を際立たせていて、類い稀 な匠人の技と、発注側の北宋朝の士大夫 の感性が融合して、これだけの名品を残し たのである。 高台内には「奉華」と彫られているが、前 掲の作品と同様に、北宋朝ごく初期に献上 品として作られたものの一つであり、類品 はかなりの数が発表されている。 北宋皇 朝が樹立直後は官窯制度が定まらず、従っ て宮廷調度品は夫々の窯に競わせて調達 したことは容易に理解でき、それらの物に 「官」とか「奉華」等の刻印を入れさせて、民 間流失を防いだのではないか。 定窯様式の魁をなす象徴的な作品である。