Underglaze- red large Dish/釉裏紅白花蓮池鷺文輪花大盤


Underglaze- red large Dish釉裏紅の白抜き様式は元朝の初期に僅 かあるが、文様が滲み易い釉裏紅の欠点か ら大柄の文様が殆どで、本品の様な大盤か つ細密画の作品は他に例を見ない。 青花と比較して釉裏紅は複雑かつ濃密な 文様を立体的に描こうとすれば線が際立っ て見えて、華やかではあるがうっとうしさを 感じる作品になり易いが、それは青花はダミ 筆が使えるのに釉裏紅は使えず、濃淡を表 現して文様を立体的に描く事は大変難しい からである。 この作品は、文様を最小限の点や線で描 いて地を暗赤色に塗りつぶし、離れれば離 れるほど文様が立体的にはっきり見える、 心憎いほど釉裏紅を知り尽くした工匠達の、 歴史に残る秀作である。