Qingbai glazed Vase (Meiping)/青白釉刻花捲枝文梅瓶


Qingbai glazed Vase (Meiping)南宋朝初期から、宮廷に近い龍泉窯は青 磁中心の官窯の開発に協力して隆盛を誇っ たが、主導権を奪われた景徳鎮窯は、これ という名作を残せなかった停滞期だったと 言えよう。 この作品は、ふっくらとした南宋期らしい 梅瓶であるが、青白磁とも白磁ともつかな い釉調と、新機軸に見える捲枝唐草文はそ れまでの文様の簡略化された中途半端な 様式で、この時代の窯の停滞状況を物語っ ている。 北宋朝のようなシャープさが消え、 民窯らしく庶民でも親しめる様式に重点を 置いた景徳鎮窯は、南宋の後期に出現す る青花・釉裏紅への充電期と言えよう。