Celadon Vase/澱青釉紅斑文瓜稜式瓶


Celadon Vase鈞窯の釉は汝官窯と似た澱青釉でありな がら、生掛釉の為に流れやすく、貫入も殆 ど出ないので、硬さを感じる磁器であったの で官窯になれなかったと想定される。 然しながら、この作品は、紅斑紋を正面用 と裏面用に使い分け、堆線文を配して完璧 な宮廷磁器に仕上げてあり、高台内に彫ら れた「官」字の刻識は、まさに献上品の証明 で、北宋官窯に近い品格がある。恐らく、北 宋朝初期の焼成と思われる。 無文様式を原則とする官窯青磁としては 異端な、紅斑紋の瓜稜式瓶であるが、恐ら く宮廷内の日常用として献上されたものの 一つだろう。