Blue and Yellow Yuhuchun Vase


Blue and Yellow Yuhuchun Vase

青花で一度焼成し、白地部分に黄釉を加彩 して低温で再度焼成したものを、黄地青花磁 器というが、黄釉は大変難しい技術で、官窯 で完成されたのは永楽期頃のようだ。 黄色はエンペラーカラーとして歴代皇朝で 重用され、古代より黄金をイメージする権威 の象徴の色でもあった。 この黄色はインパクトの強い色調のために 青花磁器の中に取り入れるためには工夫も 必要で、この作品の様に従来の青花とは違う 成分のコバルトを調整して発色を濃紺に変え、 牡丹文様の葉脈は浅く彫ってことさら青花部 分を強調し、色相の違う黄色と青色のバラン スを絶妙に取るのである。 鑑賞用磁器の新境地はこの様な感性の中 から生まれ、その初期の代表作である。